◆1番(船引嘉明)
 皆さん、お疲れのところ、ありがとうございます。失礼します。議長のお許しをいただきましたので、早速質問させていただきます。
 それでは、さきに通告させていただきました質問項目1、西部地区の主要幹線道路の整備状況についてのただ1点であります。
 道づくりは、まちづくり、人の暮らしづくりのもととなることは、小牧市の発展の源となった道の重要性を顧みると、よくわかることです。市制がしかれて10年後の1965年(昭和40年)に名神高速道路の東の港となり、積極的な工場誘致政策による多くの企業進出が相まったこと、トラックターミナルもできてインフラ整備とともに製造と物流を中心に産業立地の促進が図られ、その間、これに続く東名・中央道・都市高速の主要幹線道路の結節点としてのかなめになり、内陸工業都市へと大きく発展できたことは言うまでもありません。この地勢的優位性により、市の財源となる経済的基盤が確立できたという強みをさらに推し進める必要があります。
 こうして考えると、いかに主要幹線道路網の強化が小牧かいわいの生産力を上げる命綱であり、道のスムーズな流れをつくることはどれほど重要なことか、日常茶飯事となっている交通渋滞の緩和や交通事故防止はもとより、防災や救急出動に対しても、安全安心なまちづくりの推進に寄与するものとなります。また、将来に向けて、市民の生命・財産を守り災害リスクの低減につながる都市機能のさらなる充実を図るためにも、潤沢な税収確保のためにも、快適な通行空間を確保し、広域を連携する道路の整備は、小牧市の命運のかかる生命線であることは歴然としております。
 改めて、市民生活のアクセスの改善は、地域の最も基本的な社会基盤の確保であること、さらには、地域振興の種となる産業経済を支える企業の誘致や育成・雇用の拡大につながる税収源となること、ひいては、市の生産性が向上し、自治力・成長力・競争力を強化し、地域サービスが高まり、活性化の創出や住みよいまちづくりにと広がり、幸福感をもたらすとても重要な戦略的な必要条件であることを前回にも増して強く訴え、質問に入ります。
 (1)として、都市計画道路一宮春日井線の未整備区間の整備について。
 以前にも申し上げましたが、大型トラックの通行の多い片道1車線しかない狭い国道で、渋滞により急ぎの救急車両のために真ん中をあけようと脇に寄ろうとしても車間がとれず立ち往生してしまうような、人災とも言える国道155号の西之島以西の実情をつぶさに見て、喫緊の問題であるととらえるのはごく自然のことではないでしょうか。そこで、都市計画道路一宮春日井線の未整備区間の整備についてお聞きします。
 アとして、現在の整備状況についての質問です。
 市内全域にわたり、幹線道路ネットワークや地域連携強化に資する道路整備を加速するため、選択と集中を基本に進めておられるところとは存じますが、なかなか整備が進まない状況の中で、特に慢性的な渋滞箇所は時間のロスが激しく、ストレスを感じさせます。また、急ぐ車両が生活道路や狭い脇道を勢いよく走ることが多々見られ、子供やお年寄りにとっても大変危険な状況が起こっていることや、生産的な面から見ると、時間ロスもコストであり、これを避けるべく転出する企業も見受けられて、とても残念なことです。そのためにも早急なる対応を求めるところですが、どのような状況になっているのか、具体的にお聞かせください。
 次に、イとして、未整備区間の事業推進に向けた取り組みについて質問します。
 市の取り組みとして航空宇宙産業の集積や地域政策的なこともあり、特に大型倉庫の進出・増設により交通量がさらに集中しており、道の傷みも早く、地域生活者から苦情の声が高まり、その状況をもっとよく勘案していただきたいのです。
 平成28年第3回定例会においても同様の質問をさせていただき、市道トラックターミナル1号線を代替路線として活用した整備の検討や一宮舟津線のトラックターミナル1号線までの延伸整備など、市として早期事業化への協力体制を整えていたが、事業化のめどが立たない状況である。今後、岩倉市と歩調を合わせ県に要望するとの答弁をいただきました。その後どのような取り組みをされておられるのかお尋ねします。
 次に、(2)の都市計画道路一宮舟津線・市道廣田1号線の未整備区間の整備についてです。
 アとして、現在の整備状況についてのお尋ねとして、北西部の市境から境川にかかる徳重橋の南、120メートルまで整備された後、この20年ぐらい事業がとまったままであり、地域住民にとっても、道路ネットワークがつながらないことに大変不便さを感じております。その整備状況についてお尋ねします。
 次に、イとして、こちらも(1)と同様、未整備区間の事業進捗に向けた取り組みについてでありますが、前回の質問に対して、新たな事業である市道廣田1号線に着手し、今後、地権者及び地元の連携を密にして事業進捗に努めるとの答弁をいただいております。その後の取り組みについて、どのような状況かお尋ねします。
 これで1回目の質問とします。よろしくお願いいたします。

○議長(玉井宰)
 質問項目1について答弁を求めます。

◎都市建設部長(平岡健一)
 質問項目1、西部地区の主要幹線道路の整備状況について、(1)都市計画道路一宮春日井線の未整備区間の整備についてのア、整備状況についてでありますけども、都市計画道路一宮春日井線は、本市を東西に横断し、東は春日井市と、西は岩倉市、一宮市とを結ぶ主要幹線道路であります。小牧市内の整備状況といたしましては、平成23年に小牧南土地区画整理事業によるバイパス道路整備が完了したことにより、舟津西交差点より東側において供用されている状況であります。
 また、岩倉市内においても名鉄犬山線の跨線橋部分が平成23年に完成し、岩倉市八剱町六反田交差点より西側において供用されている状況であります。したがいまして、小牧市から岩倉市にかけ、矢戸川を挟んだ両交差点間の約1.6キロメートルが現在も未整備となっております。
 続きまして、イ、未整備区間の事業推進に向けての取り組みでありますけども、平成28年第3回定例会において議員より早期事業化の要望を受けたこともありまして、平成29年2月に山下小牧市長、岩倉市長により、両市選出の県議会議員とともに、愛知県に対し、本市が毎年実施しております県事業要望とは別に、本路線に特化した要望書を提出いたしました。この要望活動を契機として、愛知県は直ちに未整備区間全線を事業化することは難しいとしながらも、まずは早期に小牧、岩倉両市をつなぐことが肝要であるとの理解をいただき、県・市で役割を分担して、暫定的な整備も含めたさまざまな整備手法の検討を進めることとなりました。本市においては、平成30年度に現況測量を発注し、検討を進めるために必要な基礎調査を行いました。
 続きまして、(2)都市計画道路一宮舟津線・市道廣田1号線の未整備区間の整備について、ア、整備状況でありますけども、都市計画道路一宮舟津線は、西部地区の南北軸を形成する重要な主要幹線道路であります。整備状況といたしましては、本市が事業主体となっております国道155号以南について、徳重橋の南約120メートルまでの区間は整備が完了しておりますが、都市計画道路一宮春日井線までの約200メートル区間が現在も未整備となっております。また、その延伸であります市道廣田1号線につきましては、市道トラックターミナル1号線までの約200メートル区間で事業を計画しており、今後整備に着手してまいります。
 続きまして、イ、未整備区間の事業推進に向けての取り組みでありますが、都市計画道路一宮舟津線においては、未買収地の関係者と交渉を継続しており、また、路線の重要性や地元からの強い整備要望を踏まえまして事業着手いたしました市道廣田1号線においては、平成29年度に事業説明会を開催し合意形成を図るとともに、平成30年度には用地取得に向けた事務などを進めており、事業推進に向け段階的に取り組んでおります。
 以上であります。

◆1番(船引嘉明)
 御答弁どうもありがとうございます。
 まず、(1)の一宮春日井線ですが、連結する矢戸川の西側の岩倉市内未整備区間約350メートルについてです。岩倉の久保田市長さんの五大公約の一つに、積極的な計画によりここを進めていくと、令和3年までの予算を見込み、かなり踏み込んだ具体的な施策が掲げられております。ただし、小牧市と歩調を合わせてとも書いてあります。というわけですから、我が市においても責任重大です。どうかこれに見合った施策をお願いしたいところです。
 次に、(2)でありますが、一宮春日井線と市道一宮舟津線・市道廣田1号線との関連について、市道一宮舟津線を市道トラックターミナル1号線まで延長した整備計画になっており、双方の都市計画道路が整備されることにより、南北軸、東西軸の道路ネットワークが構築され、整備効果は多大であります。
 そこで、各路線の事業を推進していくに当たっての課題をお尋ねします。
 以上です。お願いします。

◎都市建設部長(平岡健一)
 課題についてでありますが、都市計画道路一宮春日井線については、現況測量などを実施した結果、岩倉市とつなぐため一級河川矢戸川にかける橋梁及び取付道路の高さが上がることにより、沿線土地への影響が非常に大きなものになるということであります。
 また、都市計画道路一宮舟津線については、かねてより取得が難航している長期未買収地について依然として交渉が厳しいものであること、市道廣田1号線については、一部関係者より御意見をいただいており、用地取得に時間を要するなどの事業推進に影響を及ぼすことが懸念されております。
 以上であります。

◆1番(船引嘉明)
 それぞれ確かにこの路線は非常に課題が多いということでありますが、双方の都市計画道路は、地域住民としましては、地域の生活、社会基盤の確保のために重要な路線であり、早期整備を望む声は非常に大きなものとなってきております。
 そこで、課題解決に向けた今後の取り組みについてお尋ねします。お願いします。

◎都市建設部長(平岡健一)
 都市計画道路一宮春日井線については、県・市で役割を分担して、暫定的な整備の検討を進めているところであり、また、整備により沿線土地に影響のある関係者に対して、課題を精査し調整を図ってまいります。
 いずれにいたしましても、本路線は、本市のみならず尾張北部地域にとって、東西道路ネットワークの拡充による物流の効率化や並行する東西幹線道路の混雑緩和が期待できるとともに、地域経済の好循環を図り、企業進出などの産業面の生産性向上を目的に、ストック効果を高めることが期待される非常に重要な路線であると考えており、今後も愛知県に対し未整備区間の早期事業化と暫定整備に向けた支援・協力を継続的に要望してまいります。
 また、都市計画道路一宮舟津線及び市道廣田1号線については、今年度から事業用地を取得した箇所で部分的に工事に着手する予定であります。そして、長期未買収地に対しては、関係者と粘り強く交渉を継続し、事業理解を求めていきたいと考えております。なお、来年度以降につきましても、計画的に用地を取得し、速やかな整備に努めてまいります。
 整備に当たっては、用地の取得などを初め、地権者、お地元、議員各位の御理解、御協力が必要となってまいりますので、関係者との連携を密にし、事業推進を図ってまいります。

◆1番(船引嘉明)
 ありがとうございます。
 国道41号の6車線化が終わりました。立地的にトラックターミナルを中心に生命線となるアクセスの問題や、貸し倉庫が経年劣化による建てかえ予備軍が出てきております。そんなために仕方なく転出する企業も出てきていることが非常に心配の種となっております。企業が大口・扶桑方面に拠点を移す話を聞くと、とても近くなのに残念な思いをします。その状況の中でも、道路用地の取得に関して、順次地権者と交渉を継続し進めていくとのことですが、今こそ、将来市の発展に大きな影響をもたらす喫緊な問題として、一気果敢なる早期整備をいただきたいと思うわけです。
 次に、一宮春日井線の整備は、国道155号や県道春日井一宮線の渋滞緩和に寄与することから重要だと考えますが、これに絡んで、かかわりの多い国道155号バイパス、いわゆる北尾張中央道においても、国道155号の渋滞緩和を考え、愛知県において整備をしていただいたわけです。しかし、既にこちらも国道41号との村中交差点で名古屋方面への右折車が非常に多いため慢性的な渋滞に陥り、大変なことになっているのは御存じのとおりです。国道155号の渋滞も相変わらずのとおりで、市民の生活道路と通り抜けの幹線道路の併用により支障を来しております。どうかもっと踏み込んだ施策を手当てして地域を守っていただきたく、せっかくの機会ですので、渋滞対策として、どのように聞いておられるのかお尋ねします。お願いします。

◎都市建設部長(平岡健一)
 議員御指摘の村中交差点において、右折車の滞留による渋滞が発生していることは十分認識しております。
 以前から巾下地区より区長会要望事項として要望を受けており、愛知県に対して調査及び対策を要望いたしました。その後、交通量調査等が実施され、有効的な方策について、道路管理者である国や県、また警察など関係機関により検討がなされ、右折信号の時間延長などの対策が行われました。また、右折車線2車線化についても検討がなされましたが、交通安全上の問題など、さまざまな課題があると聞いております。
 今後も市といたしましては、お地元の要望に対して、関係機関と連携を図ってまいります。
 以上であります。

◆1番(船引嘉明)
 いろいろすみません、ありがとうございます。
 北尾張中央道の村中交差点の右折車渋滞対策として既に一部対策が図られ、さらなる対策にはいろいろな課題があることがわかりました。
 今回質問させていただいたこれらの道路は、市の将来、西の玄関口として大変重要な道路であることは御存じのとおりです。渋滞の緩和や交通事故防止はもとより、企業の誘致や育成、雇用の拡大、さらには防災上の視点からも、地域の安全確保と活性化を図る社会基盤たる幹線道路の整備は、尾張地区全体の発展にかかわることです。
 西部地区の幹線道路にはそれぞれ大きな難しい課題があることはよく理解できましたが、どうか岩倉市や愛知県、地元などとの連携を図り、優先的に整備促進する必要があることを御拝察いただきたいと思います。
 西部地区の主要幹線道路の整備については、まちの発展を強く願えばこそのことです。私も地元選出議員として精いっぱいこのために努めていきます。どうか何とぞ早期に整備をしていただきますように切にお願い申し上げまして、私の質問を終了とさせていただきます。
 皆様の御協力に心から感謝して、結びとします。ありがとうございました。